2005/02/24

日記「やる気なし体操教師」

「小学校の思い出」「突然ジャパニーズガーデン」ほか。

=======================
■.05/02/14(月) 11:01:24 □ 「案山子」
=======================

こないだ弟OKO経由で、PTA広報誌の編集をやっているという兄貴に小学校の思い出というアンケートを頼まれ書いたのだが(↓)、そのお礼で兄貴からメールが来た。短いメールで筆不精な感じがして、こういうのをもらうと「♪元気でいーるかー、町には慣れたかー」というメロディが聞こえてきて感動してしまう。

> =======================
> アンケート回答(1975 年卒業、男、カナダ在住)
> =======================
>
> ●小学校の思い出の風景
>
> 校庭です。校庭から眺めた木造時代の校舎もいい感じでした。今でも古
> い校舎を夢に見ることがあります。
>
> ●思い出深い学校での様子
>
> あまりにいろいろとあって絞り切れませんが、先生に毎日毎日しこたま
> ビンタをくらったことが印象深いことです。今思えば小学生のイタズラ
> とか給食の何かが食べられないという程度のことで、あの頃の先生はよ
> くあれほど子供を叩いたものだわと思います。やっぱり軍国時代の名残
> だったのかしら。
>
> ●小学校で好きだった遊び
>
> 地面に書いた環状の通路を駆け抜け、敵がそれを突き飛ばして阻止する
> 遊び(桜島? 宝島かな?)、ビー球、野球、サッカー、ピンポン、コ
> マ、放課後には自転車で魚取りに行ったことも。冬、土手に雪の坂を作っ
> て竹スキープラスキーをしたのも楽しかった。
>
> ●子供たちに一言
>
> あらためてこうして思い返すと、小学校では実にいろいろと面白い遊び
> をしたなあと後から後から記憶が出てきます。みなで工夫して、いろん
> な楽しいことをやってください。


=======================
■.05/02/16(水) 10:12:20 □ フロントドレインは大丈夫だった
=======================

着ていく服でダダをこね泣く萌が落ち着いてからへプリスクールへ連れて行き、いまだ解決していない家の周りの排水ドレイン問題を考える。今日は1つだけグッド・ニューズがあって、実際に水を流してテストした結果、フロントのドレインはちゃんと水が流れることが分かった。新しいパイプを入れて泥がたまらないよう気をつけてやれば、フロントは改造なしでいける。しかし裏の水が設計どおり流れてくれない問題は出口が見つからない。はあ。まったく途方に暮れる。

As you probably know, we had a flood (leak in the basement) and all sorts of drain pipe problems. Mike and I've been working on it since the storm days and still haven't done it yet after a month. Sigh.

----------------------
ジムナスティックス。萌のやる気なし先生がバスに遅れたとかで、今日は5~6歳児のクラスと合同になっているのだが、こっちの先生の方がずっといい。というか体操の先生と聞いて普通想像するとおりのことをしてくれている。まず大きな声と共に自分で見本を見せ、できない子がいないか周りを見渡し、しっかり体を使ってアシストしている。他のグループの先生を見ていてもこれで当たり前なのであって、やはりレギュラー先生は明らかに熱意がない.....と思っていると、トランポリンで皆がアシストのおかげで上手にできてるときにレギュラー先生が来てしまい、そこからは先週同様「そこで脚を伸ばして。違う。そう」と端から指示するだけになってしまった。そこから後の子は課題ができず。しかも課題ができてもできなくてもトランポリンを終了させてしまうのである。

これではいくらなんでもたまらん。プレイグラウンドで退屈しながら子供を見ている親と同じ程度のことしかこの先生はしてないのである。事務所に苦情を言いに行くが若い他の先生しかおらず、帰ってきてMと相談し、可能ならクラスを変えることにした。この先生ではせっかくの楽しい体操が台無しだ。

=======================
■ 05/02/19(土) 13:20:30 □ 突然ジャパニーズガーデン
=======================

気温が上がるまでフロントの穴掘りから仕事を開始。パイプがほぼむき出しになったところでランチ。午後はコールタール2層目を終わらせ、パイプを掘り出して新しいパイプの配置を決め、必要なジョイント類を買ってきて設置するところまで行けるだろう。今日はさすがに萌がどこかへ出かけたがっているのだが、今日は無理だ。

しかし家の周り中穴だらけなのだが、フロントヤードは掘った土が築山となって、掘り出した庭木をその上に配置すると突然ジャパニーズガーデン風となり美しい。ずっとこのままにしておきたい(笑)。こういう風な前庭にしようぜとMに推挙するが、笑って取り合わず。

Moay made the dirt mountain into her castle.

----------------------
最近毎日力仕事をしてるので筋肉痛がなくなったと思っていたが、今日は5時間休みなくぶっ通しで働いたので、さすがに疲れた。皿洗いをするためのエナジーをためるため、晩飯後は4時間ただただ横になってTVを見PCをやっていた。

最初バカにしていた「冬ソナ」なのだが、すでにかなりハラハラさせられている。今週はとうとう嘘つき女の嘘に気づいた主人公が、ユージンの元へと車を飛ばしていった。おおついに分かってくれたのか遅いよ君、そもそもユージンの人柄の良さを一発で見抜いた君が、嘘つき女の人の悪さが分からんというのがおかしいのだとある種のカタルシスを感じていると、部屋にはユージンが婚約者と共にいて謝れなかったのであった。このサスペンス(引っ張り)! うーんとシビレました (^o^;。

=======================
■ 05/02/20(日) 10:23:30 □ 心身ともバーンアウト
=======================

昨日の穴堀りで心身ともバーンアウトし、今日は休みを取ることにした。Mが萌を買い物に連れて行き、俺は半日オフ。TV Japan でやってた「大黒摩季とフレンズ」という番組を見る。ギターが元スライダーズの土屋公平君なのだが、誰が選んでるのか

> I was born to love you / フレンズ / 激しい雨が / バスルームから愛をこめ> て / I Was Made For Lovin' You / Born to Be wild / Honky Tonk Women / > タイムマシーンにお願い / THE ROSE / 翼の折れたエンジェル / My > Revolution / HERO~ヒーローになる時、それは今 / MONEY / あゝ無情 / > SOMEDAY / ら・ら・ら

という曲目で、次から次へあれよあれよとツボをはずしている(笑)。意外性のある KISS の曲や当人が飾らず素直に選んだ感じがする「My Revolution」「あゝ無情」および自分の曲はよかったのだが、もともと大黒という人は肺活量が少なく音域が狭く、何を歌っても良い、という歌手ではないのだと思われる。知らないけど。この選曲の悪さに加えてRB、モッズらはスライダーズとまったくの同世代なわけで、そういうライバルたちの歌を公平君がやってるのが妙な感じである。

でもまあ背中とほっぺたがおっちゃんっぽくなっているが、公平君はやっぱりいいギターを弾いている。日本一のギブソンSG使いという感じで、バサっとした音で刻むバッキングが実にいい。しかし公平君のギターを持ってしてもバンドはロックせず、ああ村越さんの歌とギターを聴きたいと思った。村越さんもカバーをやればあまり気の利いたことはしないと思うが、イモな音は出さないだろう。

=======================
■ 05/02/23(水) 16:33:33 □ なんなんだこのやる気なし体操教師
=======================

素晴らしい天気。最近家の修理のあおりで友達とも俺とも遊べない萌が気の毒なので、お母さん方と相談してキッズを秘境 Oxford プレイグラウンドに案内した。サッカー、スライド、砂場、芝生遊びとみなが満喫した様子。よかったよかった。

萌はさらに夕方ジムナスティックスもあり、近来まれに見る充実日。俺が家の修理にかかりっきりで、萌にはずいぶんつまらない思いをさせていたので、春のぽかぽかの光の中でたっぷり遊ばせてやれてうれしかった。

----------------------
ジムナスティックスは3週目なのだが、例のやる気なし体操教師が今週も相変わらず手本を示さず口頭でだけ指導している。それを確認してから事務所へ行く。

彼女にまるでやる気がないとか、時間を有効に使う工夫をしていないといったことは主観もあるのでさすがに言えないが、「もう3度見たが毎度同じで、トランポリンなどで手本を見せてくれないので、キッズは何をしたらいいのか分かっていないと思う。他のクラスを見れば先生たちが手本を示しているのだから、このクラスでもそうするように言ってくれないか」とマネージャーらしきオバサンに訴える。と、分かった伝えると即その場で伝達が飛び、やる気なし先生はすぐさまトランポリンに乗って普通の手取り足取り指導に切り替えた。

しかし良化したのはその部分だけで、全体としてこのジムにいる先生で最もやる気と工夫がないのは同じことなのである。今日は大小の鉄棒で二度同じことをやって時間を使い、床と平均台をスキップしていやがった。体を動かしたい盛りの子供に15分も順番待ちさせ(※)、3種類しか運動させないというのは実に馬鹿げている。

(※)トランポリンでは1人1人の指導が3分にも及び無駄に長く、都合1人15分の待ちとなる。さらに先生の動作が異様にのろく元気に声もかけないので、子供の流れも悪い。

子供たちは体操自体が楽しいのでこの先生でも楽しんでいるのだが、もっと楽しいのが当たり前なのだ。今後もマネージャーに苦情を伝えて、変わらないようならクラスかクラブ自体を変えたい。いったいなんなんだこのやる気なし体操教師。動きたくないのか? だからそんなにポチャポチャしてるんだアンタはぁ!

0 件のコメント:

コメントを投稿